二重家賃を回避しよう!

二重家賃を回避しよう!

 

引っ越しをする時は今住んでいる住居の家賃と
新居の家賃が重複する期間が発生することがあります。

 

これは人によってはどうしても一か月分ほどの
二重家賃が発生することがあるので、
極力その出費が出ないように
しっかりと回避方法を知っておきましょう。

 

まず、新居が決まると契約書を確認して前家賃があるかどうか、
そしていつから支払いが開始されるのかを
調べておくことが大事です

 

次に今住んでいる住居の契約を終了する必要がありますが、
これもしっかりと契約内容を見る、
あるいは大家さんへ相談をするようにしましょう。

 

基本的に二重家賃が発生するケースはこの契約が重要です。
要するに重複して契約しなければ良いわけです。

 

もし、どうしても引っ越しの予定がうまく組めなくて重複してしまうなら、
実家が近い人は実家で数日を過ごす、
あるいは安いホテルで数日を過ごすのも一つの方法です。

 

賃貸は5万や10万と、一か月の家賃が結構高いです。

 

二重家賃が発生してしまう場合は
たった数日のために一か月分の家賃を支払うというケースもあるので、
それを回避するために引っ越しが完了するまで生活出来るところを
別で確保する方が結果的には安くなることがあります。

 

二重家賃を出さない為には新居の契約と
今住んでいる住居の契約をスムーズに進めることが大事であり、
新居の支払い開始に関して記載を良く見ること、
退居に関して最後の支払いを確認しておくことが
とても重要なので覚えておきましょう。

 

 

たった30分ほどで日程や業者がすべて決まる

suumo引っ越しは、営業電話がなく、しかも他のサイトに比べて入力項目が少ない。

 

自分が気になる引越し業者だけを選んで、見積もりを依頼できます。

 

わずらわしい勧誘もなく安心して利用できます^^

 

1分くらいで終わります。

 

 

電話番号入力不要。【SUUMO】引越し見積もり

二重家賃を回避しよう!関連ページ

旧居を上手に退去しよう!
旧居を上手に退去しよう!
持ち家の処理の方法は?
売却か賃貸のどちらかにするか見極めるのが先決です
子供の転校手続きについて
早めの手続きが安心です
自分で引っ越す場合
最大のメリットは費用を節約できる事
引っ越し業者を選ぶポイント
業者を選ぶポイントは、距離、荷物の量、立地条件、予算を判断基準にすること
引っ越し業者の上手な選び方
引っ越し業者の上手な選び方
引っ越しのタイプ
引っ越し業者によって異なりますが、予算によって大きく三つのプランに区分されます。
引っ越し見積もりのとり方
見積もりの書類は、概算と正式の2種類。 最終的には自宅まで来てもらい正式見積もりをお願いすること
赤帽を利用する
赤帽を利用する
JR貨物を利用する
JR貨物を利用する
航空貨物を利用する
航空貨物を利用する
インターネットプロバイダーへの転居手続き確認
インターネットプロバイダーへの転居手続き確認
ごみ処理について@資源ごみ・不燃ゴミ・生ゴミ
家庭から出る3大ゴミは収集日と引っ越し日を入れて分別して出すのがマナー
ごみ処理についてA粗大ゴミ
市区町村名の粗大ゴミ収集の連絡はなるべく早めにとるのがベスト
ごみ処理についてB家電リサイクル法
家電リサイクル法を理解してなるべくゴミを出さない様スマートな引っ越しを心がけましょう
リサイクルショップの利用@洋服・家具・家電
安心して利用できるショップを見分けて、賢く引っ越し金を節約しましょう。
リサイクルショップの利用A書籍・CD・DVD
タンスに奥にしまってある読まない本、聴かない効かないCD は捨てずにリサイクルショップへ