引っ越し業者の上手な選び方

引っ越し業者の上手な選び方

 

国土交通省の認可を受けており

明確な料金システムで、
親身になって相談にのってくれる業者を選ぼう

以前は、各業者によって引っ越しにかかる料金はバラバラで、
見積もりが有料だったり、
高層住宅や狭い路地にある家への搬入は
追加料金を取られていました。

 

1987年、運輸省が標準引っ越し約款と
標準引っ越し運賃を定めました。

 

その結果、北海道、東北、新潟、関東、中部、
近畿、四国、九州、沖縄の各ブロックに分け、
各ブロック内で運賃を統一。

 

引っ越しの距離が100キロ以内の場合時間制運賃、
100キロを超える場合距離制運賃を適応する決まりとなっています。

 

運賃は各地域の運輸局で確認してください。

 

 

良い引っ越し業者の見分け方

 

@国土交通省の認可を受けているか
国土交通省の認可を受けた正式な免許を持つ
運送業者であることをまずは確認しましょう。
正式な事業資格を持つ場合
「緑ナンバー」のトラックで営業しています。
さらに全日本トラック協会に加入し、
国土交通省の定めた「標準引っ越し運送約款」
を採用している業者を選ぶと安心です。

 

A評判は良いか
いくら大手でも、見積もりや電話での対応が悪かったり、
評判が悪いようではNG。
引っ越し経験者に各業者の評判を聞き、
参考にすると良いでしょう。
当サイトではたくさんの引っ越し経験者の声を集めていますので、
参考になると思います。

 

B料金の算出方法は明確か
料金の算定見積もりの明細の基準がはっきりしいるかどうかをチェックします。
基準項目は、
@運賃A実費B付帯サービス費の三つ。
内金、手付金を要求されたり、
正式な見積もり書を出さないような業者は要注意

 

Cきちんと打ち合わせしてくれるか
綿密な打ち合わせをしてくれる業者は、
利用者とのトラブルを極力避けようとしてくれているので、
安全確実な引っ越しを心がけてくれている証拠です。

 

D適切なアドバイスをしてくれるか
希望に対して適切なアドバイスをしてくれるかがポイント。
いくら商売とはいえ、余計な梱包資材を購入させられたり、
高いプランを進める業者は断ったほうがよいでしょう。

 

suumo引っ越しは、営業電話がなく、しかも他のサイトに比べて入力項目が少ない。

 

自分が気になる引越し業者だけを選んで、見積もりを依頼できます。

 

わずらわしい勧誘もなく安心して利用できます^^

 

1分くらいで終わります。

 

 

電話番号入力不要。【SUUMO】引越し見積もり

引っ越し業者の上手な選び方関連ページ

旧居を上手に退去しよう!
旧居を上手に退去しよう!
二重家賃を回避しよう!
二重家賃を回避しよう!
持ち家の処理の方法は?
売却か賃貸のどちらかにするか見極めるのが先決です
子供の転校手続きについて
早めの手続きが安心です
自分で引っ越す場合
最大のメリットは費用を節約できる事
引っ越し業者を選ぶポイント
業者を選ぶポイントは、距離、荷物の量、立地条件、予算を判断基準にすること
引っ越しのタイプ
引っ越し業者によって異なりますが、予算によって大きく三つのプランに区分されます。
引っ越し見積もりのとり方
見積もりの書類は、概算と正式の2種類。 最終的には自宅まで来てもらい正式見積もりをお願いすること
赤帽を利用する
赤帽を利用する
JR貨物を利用する
JR貨物を利用する
航空貨物を利用する
航空貨物を利用する
インターネットプロバイダーへの転居手続き確認
インターネットプロバイダーへの転居手続き確認
ごみ処理について@資源ごみ・不燃ゴミ・生ゴミ
家庭から出る3大ゴミは収集日と引っ越し日を入れて分別して出すのがマナー
ごみ処理についてA粗大ゴミ
市区町村名の粗大ゴミ収集の連絡はなるべく早めにとるのがベスト
ごみ処理についてB家電リサイクル法
家電リサイクル法を理解してなるべくゴミを出さない様スマートな引っ越しを心がけましょう
リサイクルショップの利用@洋服・家具・家電
安心して利用できるショップを見分けて、賢く引っ越し金を節約しましょう。
リサイクルショップの利用A書籍・CD・DVD
タンスに奥にしまってある読まない本、聴かない効かないCD は捨てずにリサイクルショップへ