引っ越し見積もりのとり方

引っ越し見積もりのとり方

 

見積もりの書類は、概算と正式の2種類。

最終的には自宅まで来てもらい正式見積もりをお願いすること

 

自分たちの引っ越し内容がおおよそ決まってきたら、
いよいよ業者に費用を見積もってもらいます。

 

この際に、1社のみだけではなく、3社以上からとることがポイントです。

 

見積もりは、概算見積もりと正式見積もりがあります。

 

 

@概算見積もり
多数の引っ越し業者から選ぶのは至難の業。
今は便利なインターネットがあるので、フルに活用したいもの。

 

各引っ越し業者の公式サイトにも見積もりページはありますが、
一番便利なのが一度の情報入力で数社からの見積もりが届く
一括見積もりサイト」です。

 

 

入力の際に必要な情報としては、
荷物の数量や種類、現在の住所、引っ越し先の住所、
転居先の状況、引っ越し希望日、作業の時間帯、
連絡先のメールアドレスと電話番号など。

 

数時間後、または翌日に連絡か見積もりが送られてきます。

 

見積もり後は、自分から連絡を取らなければ見積もりの
有効期限が切れてしまうので、
断りの連絡を入れる必要がないので気楽です。

 

ただし気に入った条件の引っ越し業者が見つかっても即契約せず、
正式見積もりを取る方がトラブルを回避できます。

 

A正式見積もり
概算見積もりで引っ越し業者を数社に絞り、
連絡をして直接家に来てもらって正式見積もりを出してもらいます。

 

引っ越し業者によってはかなり金額に違いが出ることもあります。

 

最初に来た業者の見積もり金額を提示して
次に来た業者への値引きの交渉したり、
値引きまで行かなくても梱包資材を
サービスしてもらうなど大いに活用しましょう。

 

実際に訪問してもらい見積もってもらう時間は約1時間。

 

いくら数社からの見積もりを取るのが常識だからといって
業者同士が鉢合わせになるのは失礼なので、
時間配分を考えて業者を呼ぶようにしましょう。

 

suumo引っ越しは、営業電話がなく、しかも他のサイトに比べて入力項目が少ない。

 

自分が気になる引越し業者だけを選んで、見積もりを依頼できます。

 

わずらわしい勧誘もなく安心して利用できます^^

 

1分くらいで終わります。

 

 

電話番号入力不要。【SUUMO】引越し見積もり

引っ越し見積もりのとり方関連ページ

旧居を上手に退去しよう!
旧居を上手に退去しよう!
二重家賃を回避しよう!
二重家賃を回避しよう!
持ち家の処理の方法は?
売却か賃貸のどちらかにするか見極めるのが先決です
子供の転校手続きについて
早めの手続きが安心です
自分で引っ越す場合
最大のメリットは費用を節約できる事
引っ越し業者を選ぶポイント
業者を選ぶポイントは、距離、荷物の量、立地条件、予算を判断基準にすること
引っ越し業者の上手な選び方
引っ越し業者の上手な選び方
引っ越しのタイプ
引っ越し業者によって異なりますが、予算によって大きく三つのプランに区分されます。
赤帽を利用する
赤帽を利用する
JR貨物を利用する
JR貨物を利用する
航空貨物を利用する
航空貨物を利用する
インターネットプロバイダーへの転居手続き確認
インターネットプロバイダーへの転居手続き確認
ごみ処理について@資源ごみ・不燃ゴミ・生ゴミ
家庭から出る3大ゴミは収集日と引っ越し日を入れて分別して出すのがマナー
ごみ処理についてA粗大ゴミ
市区町村名の粗大ゴミ収集の連絡はなるべく早めにとるのがベスト
ごみ処理についてB家電リサイクル法
家電リサイクル法を理解してなるべくゴミを出さない様スマートな引っ越しを心がけましょう
リサイクルショップの利用@洋服・家具・家電
安心して利用できるショップを見分けて、賢く引っ越し金を節約しましょう。
リサイクルショップの利用A書籍・CD・DVD
タンスに奥にしまってある読まない本、聴かない効かないCD は捨てずにリサイクルショップへ